ゲリー・ボーネル[体験談]

お知らせ
こんにちは、ゲリー・ボーネル担当の武藤です。
 カテゴリー│個人セッション

「君はタイタニックに乗っていたね」

2005-07-26
T.Hさん

 ゲリーの個人セッションを受けたきっかけは、アカシックレコードからの情報を知ることで、自分自身ではなかなか気付かない自分について理解できるのではないかと思ったからです。この体験は私の人生にとって非常に大きなステップとなりました。モヤモヤとしたものが消えてとてもクリアになり、自分の中に確信めいたものが生まれると同時に、これから進む道が明確になったと感じます。個人セッションの後は、そこで得た情報やメッセージを日常に活かすことができ、毎日がワクワクの連続です。そして、何よりもどんどんと本来の自分になっていくのを実感しています。     

 ゲリーが私を見てすぐに、「君はオブシディアン(黒曜石)という石に縁があり持っていると助けになるよ」と言われてとても驚きました。と言うのも、私は小さい頃から黒曜石が好きで、趣味で収集していたからです。セッションが始まる前は緊張していましたが、このことで緊張感がすっと消えたのを覚えています。

 まず、一番影響を与えている前世について聞いたのですが、キリスト教に熱心であったイタリアの石工だったと言われました。そして、そのときにキリストの聖痕のために死んだと思い込んでいて、現在でも宗教的なことに興味はあるけれども、それが悪いものであると感じているとも言われました。この話を聞いたときに、とても納得するものがありました。と言うのも、昔からキリスト教を含めた宗教的な世界観に惹かれることもありましたが疑うような気持ちが常にあったからです。また、今、実際に石を扱う仕事を行っているので、石工であったことについてもうなづけました。

 過去世のことを聞いて、自分の内側にスッキリとした感覚が生まれ、疑うことによって生じていた葛藤を手放し、宗教についてだけではなく、様々な事を受け入れるということの大切さに気付くことができました。イタリアでは私が作った噴水などもまだ見ることができるという情報ももらえましたので、機会を作って実際に見て来たいと思っています。

 そのあと、突然、「映画『タイタニック』を観た時にどんな感じがしたかな?」と質問されました。(私はその映画を見たことがあるとはゲリーに伝えなかったのですが)私はタイタニックを観た時、まるで、まさにその瞬間に自分自身が何かひどく悲しい出来事に出会ったかのように、強烈に悲しみがこみ上げ、映画が終わった後は号泣してしまい、そのせいで眼に傷ができ医者に行かなければならないほどでした。

 私はそのとき、「この映画は実際の事件を扱ったものだから悲しかったんだ」と思っていました。けれども、ゲリーがそのときに言った言葉は「君はタイタニックに乗っていたね」だったのです。とても驚きましたが、これもまた妙に納得できる感じがありました。そして、自分の中にあるその悲しみの感情についてわかったという感覚が生じ、それにともなって自分が浄化されていくように感じました。

 私が一番衝撃的だった情報はパートナーシップについてでした。今まで同じ恋愛パターンを繰り返し、失敗することが多かったので、いつ本当のパートナーに出会うかと聞きました。すると、「もうまもなく、年が近く過去に一度出会ったことがある女性と出会い、それがきっかけとなる。31の頃にはお子様がいるようだね。」という情報を伝えてくれました。

 一体誰に会うだろうかと期待する反面、なるようになるから自然に任せていようと決心していました。 3年前に、実際に友人の紹介で、ある女性に出会い、私はその人に一目惚れしました。その人はゲリーの言った通り、私と年齢が近く、以前一度あったことのある人でした。友人に間に入ってもらおうと思っていたら、友人の方からパートナーとしていいんじゃないかと言ってくれたのです。これには驚きました。それ以来自然な感じで付き合っています。このことを報告しようとしたら、私が口に出す前にゲリーの方から「再会があったんだね。その人はベストパートナーだよ」と言ってくれました。この体験から自然に任せていればなるようになることを教えてもらったと思います。

  ほかにも様々な情報を伝えてもらいましたが、どれも今の私に非常に役立っています。彼は、単にアカシックからの情報を伝えてくれるだけでなく、前世から持ち越しているカルマ的な体験の浄化になる事や、今に活用できる前世で得意だったことなどを、どうやって今この瞬間に役立たせることができるかというヒントとともに暖かく、ユニークに伝えてくれます。そして、情報を活かして、今世をいかに生きるかが大切なのだということをも教えてくれました。

 セッションの後は、意識にシフトが起こり、様々な出来事があり、本当の自分の道へと自然に流れてきているようです。会社を経営しておりますが、会社の流れもよりスムーズになりましたし、プライベートでも冒頭に書いたようにワクワクした日々が続いています。また仕事とプライベートという風に切り分けて考えることがなくなり、人生の全てが、私自身が選択している道であると理解し、生きていることへの感謝や喜びを実感できるようになったと思います。

 カテゴリー│ワークショップ

今この瞬間をベストにエンジョイする

2005-07-26
富 一弘さん

 ワークショップでは様々な叡智を知ることができ、この地球で生きることや自分らしく生きることの大切さに気付き、日常に大変役立っています。私が初めにゲリーから伝えられたことは「想念は現実化する」という、この地球上での創造(クリエイション)のシステムについてでした。

 当初は先入観が邪魔をして、どこか「そんなうまい話があるわけはない。」と疑いのような気持ちがありましたが、とても分かりやすい例を使った創造の仕組みについて解説や、想念を現実化させるための日常で活用できるエネルギーワークの伝授によって、終わったときには想念が現実化するこの地球のシステムについてスッキリと気付いた状態になっていました。今ではこのテクニックは、生活の中での非常にパワフルなツールとなっています。

 実際に私はこのテクニックを使って、一見嘘のような夢のような体験をしました。
 私はある歌手のファンなのですが、その歌手と和気藹々と対談をすることを想念に置いてワークを行いました。すると1週間以内に本当に現実化したんです。とても驚きましたが、これこそが「想念の現実化」なんだと強く実感できました。
  さらに対談の時に、相手が映画に出演するという話を聞いたので、自分も一緒に出たいなぁ、なんて勝手に想ったことが、エキストラですが出演を果たし、どうせ出るなら台詞を話してみたいと想い、それも現実化したのです。

 立て続けに起こったこの体験は、私の中で大きな気付きとなり、その後様々なことがどんどん現実化しています。現在、夢の現実化に関する書籍が多く出ていますが、彼の伝える創造の仕組みとワークはそのコアの部分であると確信しています。

 また別のワークショップでは、アカシックレコードへのアクセス、葛藤・判断を手放すこと、そして今この瞬間をエンジョイすることについても学びました。アカシックレコードへは、実は誰もがトレーニングによってアクセスできるけれども、それを邪魔しているのが私たちの個人的な判断だと知りました。私は葛藤・エゴの仕組みを知ることで、意識が拡大するような感覚を得ると同時に、いかに私たちが日常の様々な出来事を判断しエゴに力を与えているのかが分かりました。

 教わった葛藤を手放すためのマントラや、呼吸法を用いたダイナミックなメディテーション(体を動かしながらの瞑想)を日々続けていると、本当に不思議なくらい様々な面でバランスが取れるようになってきます。そして、平和、感謝、そして歓び等を、私たちの外側で起こる様々な共時的な出来事としてだけはでなく、内側での静寂や平和感等として体感できるようになりました。結局は全ての出来事は「自然」に任せていればとてもシンプルになり、「自分らしさ」の道に繋がっているんだという大きなエネルギーを身をもって体験しています。

  ゲリーはとても穏やかで暖かく、常にジョイ(歓び)の中に入る人だと感じています。また決して自分を押し付けたりせず、私たちの意識のレベルに波長を合わせながら、スムーズに私たちの意識レベルを上げることをサポートし、どんなことに対しても中立であり、また受容力がとてもある人だとも感じています。

  ゲリーを通して気付いたことは単なる気付きのレベルで終わらず、まさに「叡智」という私たちの誰の中にも元々あるコアの部分と大きく共鳴し、日々のあらゆる場面で自然に役立てることができるようになると感じています。以前、私は人や様々な出来事を個人的に判断していました。そんな時には、ストレスや様々な感情の渦に飲み込まれることが多々ありキツイと判断してしまう出来事を引き起こしてしまいます。しかし、今では様々な出来事やものを「観察」することができるようになり、瞬間をエンジョイできるようになりました。

 彼の伝える叡智は、私たちの意識レベルを「本当の自分」という自分自身のコアの部分へのゲートを開く引き金になるのではないかと感じています。「今この瞬間をベストにエンジョイする」、これを自分の中のモットーとして、日々自分なりに「叡智」を活用し、自分らしく生きていきたいと強く想っています。


Copyright(C) JMA.Inc. All rights reserved.