トップページに戻る JMA・アソシエイツ会社概要
 HOME
 はじめての方へ  お客様総合窓口  お客様の声  会社概要  サイトマップ
THERAPY HOME > スピリチュアルツアー > スタッフ日記 > スタッフ日記記事

スタッフ日記

霊峰富士山・その4



5合目を出発して3時間余経過。

本日のお宿、7合目の山小屋目指して前進するのみです。

このあたりの尾根には残雪がありました!

クリックすると大きいサイズで表示します


我々のガイドのN女史に

「赤い鳥居のあるところに行ったら、いいおやつをあげますから!」

と励まされ、ただただ地面を見ながら足を動かしました。
ちょっとずつとはいえ、確実に前進しているのですから、ここは忍耐。

気休め?とは思いながら、クリアサイト直伝のゴールドのエネルギーを頭上に降ろしたり、進む道に敷いたりしてもみました。
困ったときは藁をもすがるのものですね(笑)

そしてめでたく鳥居に到着〜!!


そこで、お待たせ!
N女史から配給されたのはこちらのお菓子。



疲れていて大口を開ける気力もないので、この細長いので食べやすいのです。
そしてなにより、このカリカリとした触感と塩気とスナック菓子特有のスパイスがなんとも心地いい刺激となって、みるみるうちに生気が蘇ってきてビックリ!

N女史は 10数回の富士登山経験から、このスポットでこのスナック菓子をいただくのがベスト!!と断言できるとか。

いやー

スナック菓子バンザーイ(>_<)

って気分でした(しみじみ)

スナック菓子をほおばりながら見上げる空は、雲とブルーのコントラストが美しく、そして手に触れそうなほど近く感じるのです。

いつもは遠い存在の空が身近に思いました。

何より、雲の動きをぼーーーっと眺めていると、疲労感が心地よくすら感じてくるのが不思議です。

弾力のありそうな雲。

クリックすると大きいサイズで表示します


なんかよくないですか?

クリックすると大きいサイズで表示します


ちょっとの間なのにどんどん表情が変わっていきます。

クリックすると大きいサイズで表示します


そういえば、普段はゆっくりと雲の動きもみることがないなぁ・・・
なんてちょっと染み入っちゃいました(笑)

山肌には残雪も!標高の高さを物語っています。
さあ、山小屋まであともう少しです。

クリックすると大きいサイズで表示します
この記事へのコメント


免責事項 | ご利用規約 | プライバシーポリシー Copyright (c) 2006 JMA Corporation All Right Reserved.